所有権保存登記

所有権保存登記とは


所有権保存登記とは、一番最初の所有権の登記のことをいいます。

例えば新しく建物を建てたとして、まずは建物を建てた方の名義にする手続きをすることになりますが、これが所有権保存登記です。

 

一方、売買や贈与などをした場合にはいわゆる名義変更をしますが、名義変更のことは正確には所有権移転登記といいます。

 

所有権保存登記、所有権移転登記ともに、司法書士の専門分野となります。

建物が未登記のままだという方、ご相談ください


所有権保存登記は、新たに建物を建てた場合に限りません。

建物自体は古いけれども、登記が一切なされていないというケースも散見されます。

 

建てた方自体が所有し続ける分には、未登記であっても実害はそこまでありません。

しかし、売買したり担保に入れることになった場合には、基本的に登記をすることが求められます。

 

仮にそういったことを予定していなくとも、将来相続が発生した場合に、未登記のままだと権利関係が判然とせず、相続人の方の負担になってしまうというデメリットもあります。

しかも、新築の場合と比べ、築年数が古い建物は登記手続きが複雑になってしまう傾向にあります。

 

建物が未登記のままだという方、ぜひ司法書士池部有哉事務所にご相談ください。

初回のご相談は無料、豊富な経験に基づいた迅速かつ丁寧な対応で、安心してお任せいただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください!

 

なお、費用につきましては料金案内をご参照ください。

表題登記と所有権保存登記について


建物を建てた場合、所有権保存登記が必要というのは先述しましたが、厳密には所有権保存登記を含めた以下の手続きが必要になります。

① 表題登記

② 所有権保存登記

 

登記簿は、表題部権利部の二つに分かれています。

表題部には、不動産がどこにあるかや面積など、不動産そのものの情報が記載されています。

一方権利部には、誰の名義かとか、担保に入っているかなど、その不動産の権利関係について記載されています。

 

新しく建物を建てた場合、まずは登記簿の中の表題部を作成するため、表題登記の申請をしなければなりません。

そして、表題登記が完了したのち、所有権保存登記の手続きという流れになります。

 

実はこの表題登記と所有権保存登記、それぞれで手続き可能な専門家が異なります。

 

所有権保存登記は司法書士の職域です。

一方、表題登記は土地家屋調査士の専門分野となります。

 

司法書士池部有哉事務所では、土地家屋調査士と密に連携し、手続きを進めて参りますので、新たに建物の登記をしたいという方は、ぜひお気軽に当事務所までお問い合わせください!