簡裁訴訟代理等関係業務について

一定の条件下においては司法書士も訴訟代理が可能です


当事務所の司法書士は認定司法書士です
当事務所の司法書士は認定司法書士です

簡裁訴訟代理等関係業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した者は、簡易裁判所において一定の訴訟代理行為等をすることができます(認定を受けた司法書士のことを認定司法書士といいます)。

 

司法書士が代理可能なのは、あくまで簡易裁判所における手続きのみです。

民事訴訟において簡易裁判所が管轄するのは、訴訟の目的の価額が140万円を超えない請求となっています(裁判所法第33条)。

 

地方裁判所での手続き(140万円を超えていないものも含む)や家事事件については、書類(訴状や答弁書・申立書など)の作成にとどまります。

もし訴訟代理を希望するのであれば、弁護士に依頼していただくことになります。

身近な法律トラブルご相談ください!


当事務所の司法書士は認定司法書士です。

よって、比較的少額な法律トラブルについては当事務所にご相談いただけます。

  • 100万円を貸したが返ってこない
  • 商品の代金30万円をまだ支払ってもらえてない
  • 家賃を払ってもらえないので出て行ってもらいたい
  • 裁判所から書類が届いたがどうしていいか分からない

これはあくまで一例です。

もしトラブルがあったときはひとまずご相談ください。

 

当事務所では、初回の1時間は相談料が無料です。

北九州市や遠賀郡、中間市の方であれば出張相談も無料となっております。

ぜひ司法書士池部有哉事務所までお気軽にご相談ください!

 

なお、初回の1時間以降及び2回目以降のご相談は、30分ごとに5000円の相談料が発生しますので、その点ご留意くださいますようお願いいたします。

皆さまからのお問い合わせをお待ちしています!
皆さまからのお問い合わせをお待ちしています!

初回の1時間は相談無料

お問い合わせはこちらから!

 

093-482-9785

 

つながらない場合は時間を置いてかけ直しいただくか、お問い合わせページにありますフォームをご利用ください。

また、営業時間外や土日祝日の場合はフォームよりお問い合わせください。

24時間以内にご回答いたします!