債務の相続について

債務を含めた一切合切を受け継ぐのが相続です


今回は、相続は相続でも債務の相続についてのお話しです。

亡くなった方に借金があったという場合に、借金などのいわゆる債務が相続の対象になるのだろうか?と思われる方もいるでしょう。

 

結論から言うと、債務も相続の対象です。

 

相続とは、亡くなった人の財産をはじめとした、様々な権利義務の一切合切を配偶者や子などが受け継ぐことをいいます。

不動産や預貯金、株などのプラスの財産が相続の対象だというのはお分かりだと思いますが、それだけでなく借金といったマイナスの財産も相続の対象となります。

 

つまり、亡くなった方が債務を抱えていた場合、相続人がその債務を受け継ぐことになります。

債務の相続の特色について


不動産や預貯金などと違い、債務の相続は少し性質が異なりますので、それについても合わせてご説明しておきます。

 

基本的に、債務は相続が発生すると法律上当然に相続人に分割され、相続人がそれぞれの法定相続分に基づきこれを受け継ぎます。

遺産分割協議がされていなかったり、遺言書がないという場合でも、いわば自動的に分割されるのです。

 

少々分かりにくいかと思いますので、具体例を挙げます。

 

亡くなった方の借金が200万円で、相続人が配偶者と子2人の計3人としましょう。

 

このケースでは、法定相続分が配偶者は2分の1、子はそれぞれ4分の1です。

なので、配偶者は100万円、子はそれぞれ50万円を負担することとなります。

 

仮に、債権者が配偶者に対し総額である200万円の支払いを要求したとしても、配偶者はそれを拒否することができます。

100万円だけを支払えばよいのです。

債務は遺産分割協議に含まれない?


債務にはこういった性質がありますので、例えば相続人の1人が債務をすべて負担するといったような遺産分割協議をしても、これはあくまで相続人間の中でのみ有効であって、債権者に対してはそれを主張することはできません。

 

遺産分割協議の内容に従う義務は債権者には全くありませんので、相続人は基本的に法定相続分に従った額の請求を受けることを免れません。

 

ただし、債権者が承諾さえすれば、債務を遺産分割協議に含めることは可能です。

実際、遺産分割協議に「債務は全て相続人○○○○が負担する」といった記載は頻繁になされています。

これまでのお話しは金銭債務など分けられる債務についてのお話しです


ちなみにこれまで説明したのは、金銭債務をはじめとした分割が可能な債務(可分債務といいます)についてです。

 

例えば登記申請義務など、分割になじまない債務については、相続人が不可分的に相続することとなります。