代襲相続

孫が祖父母を相続するケースもあり得るわけです
孫が祖父母を相続するケースもあり得るわけです

図において、Aが亡くなれば相続人はB、C及びDとなることは皆さまもうお分かりだと思います。

では、Aが亡くなる前に既にDが亡くなっているという場合はどうなるのでしょうか。

 

この場合、Dの子どもであるEがAの相続人となります。

よって、Aの相続人はB、C及びEとなります。

 

このように、亡くなった方の子または兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡しているなどで相続権を失った場合に、その者の子がその者に代わって相続することを代襲相続といいます。

そして、代襲相続によって相続する者のことを代襲相続人といいます。

 

もしAが亡くなった後にDが亡くなれば、EはDがAから相続した財産を相続することになりますが、先にDが亡くなっているとEは財産を相続できないとなると不公平です。

ですので民法には代襲相続の規定が設けられ、Eが財産を相続できるようにしているのです。

 

ちなみに、DがAからの相続について相続放棄をしている場合、Eは代襲相続人とはなりませんのでご注意ください。