相続とは

そもそも相続ってなんだっけ?


相続とは、亡くなった人の財産などの様々な権利義務一切合切を、配偶者や子などが受け継ぐことをいいます。

一切合切ですので、預貯金や不動産などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も受け継ぐことになります。

相続財産について


上記のとおり、預貯金や不動産が主な相続財産となりますが、以下のようなものは相続財産には含まれません。

 

【相続財産とならないものの例】

・死亡保険金

・死亡退職金

・遺族年金  など

 

これらの受け取りは相続人固有の権利という扱いになりますので、相続財産には含まれません。

つまり、遺産分割協議の対象外ということになります。

誰が相続人となるのか


まず、配偶者は、無条件で相続人となります。

 

子がいる場合は、配偶者と子が相続人となります。

離婚等で配偶者がいない場合は、子のみが相続人となります。

 

もし子がいない場合は、直系尊属が相続人となります。

直系尊属とは、自身とは前の世代でなおかつ直通(縦の流れ)の関係の者といい、父母・祖父母などがこれにあたります。

叔父・叔母は縦の流れではありませんので、直系尊属には含まれません。

配偶者がいない場合は直系尊属のみが相続人となり、配偶者がいる場合は配偶者とともに相続人となります。

 

そして、直系尊属もいない場合には、兄弟姉妹が相続人になります。

配偶者がいなければ兄弟姉妹のみが相続人となり、配偶者がいる場合は共同で相続することとなります。

 

まとめると以下のとおりです。

 

【相続人の順位】※配偶者は無条件で相続人

第1順位:子

第2順位:直系尊属

第3順位:兄弟姉妹