自筆証書遺言と公正証書遺言どちらを選択すべきか

どちらを選択すべきか?


財産がそれほど多くなく、ご自身のお気持ちを相続人に対して伝えたいという側面が強い場合は自筆証書遺言で構わないと思います。

 

また、まだ若い方(20代から40代くらい)についても自筆証書遺言が良いかと思います。

若い方は将来子どもが生まれるなど相続関係が変化する可能性が高く、所有している財産についても高齢の方と比べ確定的とは言えません。

費用がかからず、書き直しも容易な自筆証書遺言をお勧めします。

最終的に公正証書遺言を作成するまでのつなぎと考えればよいでしょう。

 

これに対して、財産を多く持っていらっしゃる方や、財産が多くなくても相続人間で争いが起きることが予想される場合は、確実に遺言の内容を実現させるために公正証書遺言を作成することをお勧めします。

遺言書を作成せず亡くなった場合のことを考えれば、多少の手間と費用は惜しむべきではありません。

 

また、ご病気等の理由で字が書けないという方は、必然的に公正証書遺言を選択することになります。

自筆証書遺言を法務局が預かってくれる制度が始まります


相続に関する法律が改正されて自筆証書遺言を法務局が預かってくれる制度が始まろうとしています。

法務局が預かってくれるので自らで管理する必要がなくなり、破棄や変造されたりといった心配がありません。

また、法務局が預かった自筆証書遺言は、開封の際の検認の手続きが必要ないといったメリットもあります。

 

今後こういう制度が始まることも念頭においたうえで、自筆証書遺言にするか公正証書遺言にするかの検討をする必要があるでしょう。