借換えによる登記

借換えに伴う登記手続きが必要になります


住宅ローンの借換えは、ただ契約をすれば終わりというわけではなく、登記手続きをする必要があります。

 

具体的には、

① 新しい借入先の抵当権設定登記

② 以前の借入先の抵当権抹消登記

 

この2つの登記手続きをすることになります。

 

司法書士は登記の専門家ですので、借換えの登記手続きも司法書士が行うことになります。

無料でお見積もりいたします!


借換えの登記手続きの費用には、司法書士に支払う報酬も含まれています。

 

この報酬は、司法書士が自由に決定することができます。

つまり、同じ登記手続きでも、手続きを行う司法書士によって費用が変わってくるのです。

 

借換えの登記手続きを予定している方、相見積もりを取ってみませんか?

 

司法書士池部有哉事務所では、借換えの登記手続きのお見積もりを無料で承ります!

 

メールやLINEでのやりとりだけでも対応可能、必要な資料をご提供いただければ即日見積書を発行いたします。

 

まずはお気軽にお問い合わせください!(営業時間外や土日祝日のお問い合わせの場合は、翌営業日のご対応となります)

料金表


ご参考までに、料金表を掲載しておきますが、具体的内容により費用は大きく変わってきます。

お見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

摘要

報酬(税込)

 実費など
抵当権設定

44,000円から

登録免許税(債権額×0.4%)など

抵当権抹消 13,200円から

登録免許税(不動産の個数×1,000円)など

住所等変更 ※ 11,000円から

登録免許税(不動産の個数×1,000円)など

※ 登記簿上の氏名や住所と現在の氏名や住所に相違がある場合、変更の登記手続きをする必要があります