北九州市住宅供給公社の買戻特約抹消の登記

相続登記や決済の依頼を受け、登記簿を確認すると、たまに買戻特約の登記が残ったままの物件に遭遇します。

 

当事務所周辺の物件であれば、「北九州市住宅供給公社」が買戻権者であるケースが多いです。

 

で、抹消をするにあたっては、公社に抹消書類の交付を申請し、抹消書類を交付してもらうというのがほとんどでしょう。

実際、同じ福岡でも「福岡市住宅供給公社」や「福岡県住宅供給公社」はそういった形で抹消書類を取り寄せます。

 

しかし、北九州市住宅供給公社は少し特殊です。

 

登記原因証明情報及び(北九州市住宅供給公社から司法書士への)委任状を自ら作成し、登記事項証明書(情報サービスでも可)とともに公社へ持参または郵送して印鑑を押してもらう、という方法です。

 

登記は共同申請ではなく、嘱託で行います。

 

嘱託であれば登記識別情報や印鑑証明書は不要ですから、基本的に公社から書類を受け取るということがありません(所在地の変更を証する閉鎖事項証明書は貸し出してくれます)。

 

この対応、全国的にも珍しい気がするのですが、どうなんでしょうね。

 

参考:https://www.jkk-kitakyushu.jp/bunjo/touki-masshou/shihoushoshi.html(北九州市住宅供給公社ウェブサイト)