敷地権付区分建物における住所変更登記の登録免許税

とあるマンションの住所変更登記をしたときのお話しです。

 

そのマンションは、専有部分とは独立して(附属建物としてではなく)、車庫の登記が存在する物件でした。

 

要は、

 

【居住部分】

家屋番号   ○○市○○町 1番1の101

種類     居宅

 

敷地権の表示

所在及び地番 ○○市○○町1番1

 

【車庫部分】

家屋番号   ○○市○○町 1番1の010

種類     車庫

 

敷地権の表示

所在及び地番 ○○市○○町1番1

 

 

といった感じで登記されていたわけです。

それぞれで名義人が登記されてますから、住所変更登記も居住部分と車庫部分でそれぞれ申請する必要があります。

 

もちろん一括申請を行うわけですが、ここでの登録免許税で少しおや?となったのです。

住所変更登記の登録免許税は、不動産1個につき1000円です。

 

正解は3000円なのですが、私は4000円で登記申請をしてしまいました。

 

居住部分と車庫部分、それぞれで不動産が2個ずつだから、という考えです。

 

しかし、敷地権の目的である土地は、同一の土地です。

ですので、不動産自体は3個であり、3000円が正解となります。

 

もちろん法務局から間違ってますよと連絡があり、額も額でしたが、還付の手続きをしました。

 

2015年に司法書士登録をしてから、一度も還付をしたことが無かったので、せっかくなら一度経験しておこうということで(本当は経験が無いのが一番良いのでしょうが...)。

 

割としょうもないミスだったので、大いに反省したところです。

そんなお話しでした。


注:本ブログは当職の備忘録としての側面を有しています。本ブログ記載の情報を活用いただいても構いませんが、あくまで自己責任でお願いします。活用したことにより発生した問題やトラブルについて当職は一切責任を負いません。